copyright© 日本結び文化学会 all rights reserved 2007

サイト内の画像・文章の無断複製・転載等を禁じます。

結び文化の調査、研究、研修を行い、結び文化の振興と発展を図ることを目的に活動しています。

役員

会のご案内

会長    熊倉 巧夫

副会長  武内 範男    田中 年子

田中 年子

事務局

日本結び文化学会会則

        第1章 総  則
第1条  本会は日本結び文化学会と称する。

第2条  本会は結び文化の調査、研究、研修を行い、あわせて結び文化の振興およびその発展を図ることを目的とする。

第3条  本会はその目的を達成するため次の事業を行う。
    ① 総会及び大会の開催
    ② 研究発表会、講演、シンポジウム、見学会等の開催
    ③ 会報の刊行
    ④ 結び資料の収集、保存及びその活用
    ⑤ その他、啓蒙、普及活動等本会の目的達成に必要な事業の実施
     本会の事業年度は毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。


        第2章 会  員
第4条 1 本会は正会員、賛助会員によって構成される。
     2 正会員は、結び文化に関心を有し、所定の会費を納入する者。正会員の会費は年間5,000円とする。
       会員の退会にたいしては、既納会費は返還しない。
     3 賛助会員は、本会の趣旨に賛同し、年額1口3万円以上の会費を納入する者。

第5条  本会の会員は、総会における議決権を有し、会報の配布を受け、本会が行う事業に参加することができる。


        第3章 役  員
第6条  本会は次の役員を置く。
    ① 会 長   1名
    ② 副会長 1~2名
    ③ 理 事(会長、副会長、監事を含む)12名以内
    ④ 評議員   若干名
    ⑤ 監 事   若干名

第7条  役員の任務は次のとおりとする。
    ① 会長は本会を代表し、会務を総括する。
    ② 副会長は会長を補佐し、会長に事故のあるときは会長の職務を代行する。
    ③ 理事は理事会を構成し、本会の事業を運営する。理事は、総務、会計、広報の各会務を分掌する。
    ④ 総務担当副会長は、総務担当理事と若干名の運営委員を加えて事務局を構成し、実務を担当する。
    ⑤ 評議員は評議会を構成して重要会務の審議を行う。
    ⑥ 監事は会計を監査する。

第8条  役員の選出は、次のとおりとする。
    ① 会長は、理事の互選によって決める。
    ② 副会長は、会長が委嘱する。
    ③ 理事、監事、評議員は、理事会が推薦し、・総会の承認を得るものとする。

第9条  理事の任期は2年とする。ただし、留任は妨げない。

第10条  本会に、顧問を置くことができる。顧問は会長が委嘱する。


        第4章 会  議
第11条  会議は、総会および評議会、理事会とし、会長が招集する。

第12条  総会は、毎年1回開催する。ただし、次の場合には臨時総会を開催することができる。
    ① 役員会で必要と認めたとき
    ② 正会員6分の1以上から議案を添えて請求があったとき
    ③ 監事から請求があったとき

第13条  総会は正会員の5分の1以上の出席者(委任状を含む)によって成立し、出席者の過半数の同意をもって決する。
       可否同数の場合は、議長がこれを決する。

第14条  評議会、理事会は、必要に応じて開催する。


        第5章 会  計
第15条  本会の経費は、会費、寄付金およびその他の収入をもって支弁する。

第16条  本会の会計年度は、毎年4月1日より翌3月31日までとする。

第17条  会費は前年度末までに納入する。


        付      則
第18条 1 会則の制定または改廃は、理事会を経て総会の議決を得るものとする。
      2 本会の会則の施行に必要な事項は、細則をもってこれを定める。

第19条  本会則は、平成16年4月25日より発効する。


        細      則
第1条  入会希望者は、本会所定の入会申込書及び会費を添えて申し込むものとする。

第2条 1 本会は、事務局を置く。
     2 事務局には会長指名の運営委員を置く。

会則